ブログ

未払残業代請求

2017.08.28 正原 大嗣

 この度,残業代(割増賃金)の計算に関して,京都弁護士会と京都地方裁判所の裁判官によって製作された割増賃金計算ソフト「きょうとソフト」が日本弁護士連合会の弁護士会員向けホームページからダウンロード可能になりました。
 このソフトは,割増賃金請求事件の審理期間が長期化する傾向にあったことから,割増賃金請求事件が適正かつ迅速に解決されることを期待して製作されました。
 このソフトを労働者,使用者及び裁判所の間で共有して訴訟等を行うことができれば,事件の迅速な解決につながると思います。
 
 もっとも,このソフトを利用するにあたっても,労働時間とは何か,割増賃金とは何かなど,労働事件に関する法律知識が求められます。
 
 ちなみに,判例上は,労働時間(労働基準法32条)とは,「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいい,右の労働時間に該当するか否かは,労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと評価できるか否かにより客観的に定まるものであって,労働契約,就業規則,労働協約等の定めのいかんにより決定されるべきものではない」(最高裁平成12年3月9日第一小法廷判決民集54巻3号801頁)とされています。
 例えば,実作業に入る前の準備行為(作業服の装着等)や更衣室から準備体操場までの移動時間は,労働時間と認められる場合もあります(上記最高裁平成12年3月9日第一小法廷判決)。
 ただ,労働時間といえるかどうかは,業務内容によって異なり,個別具体的な判断が必要ですので残業代についてお悩みでしたら当事務所にご相談ください。